電話転送サービス > 電話転送サービスについて > ノックの国際標準ルールや叩き方のマナーとは

ノックの国際標準ルールや叩き方のマナーとは

人気ランキングはこちら≫≫≫


ドアのノックにおける国際基準のルールや叩き方のマナーについて

日本国内で定められている基準と国際的に定められている基準に違いがあることはよくありますが、実はドアのノックにおけるルールも日本国内の基準と国際的な基準とでそれぞれ違いがあるのです。

国際的な基準で決められているルールというのは、一般的にプロトコールマナーと呼ばれるのですが、このプロトコールマナーにおけるドアのノックのルールというのはどのようなものかというと、一般的にはドアのノックは4回行うというのがマナーの基準として考えられています。

またこの4回という基準はビジネスなどの場において、どこかの部屋に入る前のノックの基準であり、他のシーンであればノックの基準やルールは変わります。
例えば、国際基準で考えた時、トイレのドアをノックするときには2回が基準となっていたりするので注意が必要です。

ちなみにドアの叩き方のマナーとしては明確に決められているものは存在していませんが、相手に不快な思いをさせないように適度な力を保ってノックをするようにすると良いでしょう。

ドアのノックにおける日本基準のルールについて

プロトコールマナーと呼ばれる国際基準のルールではドアのノックは4回行うべきだと言われていますが、日本国内における基準のルールでは回数が変わります。

実はドアのノックにおけるルールはどのようになっているのかということを目的に行われた過去の調査では、日本で部屋に入る前にはドアを2回から3回ノックするべきだということが明らかになっているのです。
このようにドアのノックにおける基準のルールというのは先ほども解説した通り日本国内と国際的なものでは違いが存在しています。

しかし、実際のビジネスの場ではこういったドアのノックの回数というのはそこまで重要視されていないというのが現状です。
そのためドアのノックというのは、余裕があれば日本国内では2回か3回、海外では4回というルールを守るように対応し、もし対応が難しいのであればあえてそこには意識をおかず、他のより重要だと考えられるドアの開け方や締め方などのマナーを守ることを優先にすると良いでしょう。

ランキング

CUBEの電話代行サービス

1位

電話対応にお困りの方をお手伝いしてくれるCUBEの電話代行サービスは大切な連絡を逃さない安心の電話代行サービスです。

おすすめポイント

  • 新規顧客をばっちり掴む
  • 固定客をしっかり守る
  • 英語にも対応

さらにCUBEの電話代行サービスについてもっと詳しく解説!≫≫≫


セントラルアイ

2位

セントラルアイは日本全国24時間365日対応の安心の電話代行サービスです。

おすすめポイント

  • 24時間対応
  • 365日対応
  • 日本全国対応

オフィスジャパン

3位

オフィスジャパンはトータルに電話代行サービスを提供してくれるおすすめの電話代行サービスです。

おすすめポイント

  • 一日秘書代行
  • 独立開業・仮設営業所設置

電話転送サービスについて

電話転送サービス会社の口コミ・評判

電話転送サービスについて

電話転送サービス会社の口コミ・評判